,

ルネサンス -健康経営の推進における提案とサポート-

機種モデル:InBody430

株式会社ルネサンスは全国展開の総合型スポーツクラブを中核に、自治体や法人を対象とした健康づくり支援・介護リハビリ支援・海外市場への参画など様々な事業を展開する会社です。特に健康づくり支援では、全国の企業・健康保険組合・共済組合を対象に、健康経営の実践を支援しています。創業当時からTHP(トータルヘルスプロモーション)の支援として企業向けの体力測定などの健康支援事業を立ち上げ、現在ではヘルスケア事業として1,300社を超える企業のニーズに応じて出張プログラム・イベントの開催や、健康経営の課題解決・健康経営推進者養成研修などを行っています。

ルネサンスは企業理念である“生きがい創造企業”のもと各事業を推進しており、その実現には従業員の心身の健康が前提となる考えから従業員の健康づくりも積極的に取り組んでいます。このような取り組みが認められ、ルネサンスは経済産業省と日本健康会議が共同で選定する「健康経営優良法人(ホワイト500)」に4年連続表彰されています。
▲ 健康経営優良法人(ホワイト500)


目線を合わせた健康づくり支援

▲ 関 芙美子さん

健康経営推進部 健康経営ソリューションチームに所属している関さんは、企業・健康保険組合・共済組合などの健康づくり支援に従事しています。2007年に株式会社ルネサンスに入社した関さんは、最初はスポーツクラブのフロント部門に配属されましたが、入社当時から保有していた管理栄養士の資格を活かし、パーソナルトレーニングで食事指導を行っていました。その後、2010年にヘルスケア企画部に異動し、特定保健指導業務の推進やヘルスケア事業関連のプログラム発展に努めてきました。現在は市場のニーズに合わせて、企業・健康保険組合・共済組合を対象に健康経営のプランニングや健康づくりの実行支援を行っています。また、関さんは管理栄養士以外に、第一種衛生管理者・健康経営アドバイザー・健康マスター普及認定講師の資格を保有しており、これらの知識を駆使して企業のニーズを超える健康づくりの提案を行っています。

※第一種衛生管理者: 常時50名以上の労働者が働く事業場の衛生管理者が持つ資格
※健康経営アドバイザー: 健康経営の必要性を普及させて実施する推進者
※健康マスター・普及認定講師: 健康に関する幅広い知識を活用し、地域や企業向けに「健康を語る講師」として活動できる資格

「健康づくり支援では従業員の健康管理に携わる方を相手に、最適なプランを提案する必要があります。その際、相手と同じような資格や、健康経営に特化した知識を持つことで、相手の立場から本当に必要としているプランを案内することができます。」


無関心層に対する健康意識の向上

経済産業省が推進している健康経営は、健康経営銘柄や健康経営優良法人認定制度などが創設されてから年々関心が高まっています。このような現状の中、健康づくり支援では各法人が抱える様々な健康課題の中でも主に生活習慣病・メンタルヘルス・労働災害に特化したプログラムを提供しています。プログラムは➀メタボ予防・身体機能改善・メンタル強化・安全衛生などを目的とする気軽な運動実技、➁メタボリックシンドローム・メンタルヘルス・働き方などに関するセミナー、➂身体機能・血液循環・ストレスなどを調べる測定、の3つのカテゴリーが用意されており、各カテゴリーのプログラムを組み合わせることで更に健康管理の効果を高めることができます。また、運動実技とセミナーはオン・オフラインどちらでも開催でき、企業の要望に合わせて提供しています。
▲ リラックスできるヨガの実技運動

測定プログラムの中にはInBodyによる体成分測定があります。ルネサンスは2002年9月から据え置き型のInBody3.2を導入していましたが、ヘルスケア事業は訪問指導が必要とされるため持ち運び可能な機器の導入が必要でした。そして、運搬の安全性及び測定の正確性の条件に最も適した装置を検討した結果、2010年4月にInBody430を導入し、現在は計10台を運用しながら全国各地で測定会を行っています。

「InBodyは無関心層の健康意識を高めることに長けています。健康診断は、受診回数が年1回しかなく結果の通知まで時間がかかります。一方、InBodyはその場で結果が確認でき行動変化を促しやすい上に、測定方法も簡単なので誰でも気軽に参加できます。また、健診では見えない従業員の身体状況をデータで捉えることができ、健康経営の打ち手を決めるためにInBody測定を導入し、経年変化を捉えるために毎年実施している企業も多々あります。」

▲ InBody測定の様子

InBody測定プログラムは、数値で身体状態が分かり、数値や嗜好をもとに専門スタッフから栄養・運動関連のアドバイスをもらえるため、健康意識に対する気づきや動機づけに効果的です。特に、InBody430の「骨格筋・脂肪」や「体型チェック」結果は視覚的に分かりやすく、参加者の関心が高い項目です。

▲ 骨格筋・脂肪は体重に対する筋肉と脂肪のバランスを評価


▲ 体型チェックはBMIと体脂肪率を組み合わせて体型を評価


健康経営推進のための豊富なサポート

健康づくり支援の1つにスポーツクラブ ルネサンスの法人会員契約制度があります。全国に100クラブ以上を展開しているので、会員は職場や自宅に近いクラブなど自由に選べる便利さと、自分の利用頻度やライフスタイルに合わせてクラブの利用プランを選択・変更できるため、利用継続しやすい特徴があります。加えて、法人は利用料金の補助もでき、従業員の健康づくりを更に推進することが可能です。

対象となる法人の従業員はスポーツクラブ ルネサンスにお得な価格で通いながら、充実したサポートを受けられます。スポーツクラブ ルネサンスの入会時には、各施設に設置されているInBodyで筋肉量・体脂肪量などを測定し、その結果を基にカウンセリングを行います。その後も利用者の希望に応じて1ヶ月間隔の測定及びカウンセリングを実施しており、トレーニングの効果を数値で確認できるのでモチベーションもあがり継続していける環境が整っています。

日常の食生活や運動に関する支援はトレーナーからのみではなく、スポーツクラブ会員が無料で使用できるアプリ「カロママ プラス」からも受けることができます。「メタボ対策」「低栄養対策」「ほどよく筋肉&引き締め」など9つの課題別コースから選択し、毎日の食事・運動・ヘルスデータを記録することで、AI管理栄養士のアドバイスがもらえます。

「ルネサンスはホスピタリティマインド(心からのおもてなし)を何よりも大切に考えており、ホスピタリティを啓発するスタッフは、NPO法人日本ホスピタリティ推進協会で認定されたホスピタリティ・コーディネーターによる教育を受けます。そのため、ルネサンスのスポーツクラブにはホスピタリティマインドを持って一人一人の会員に寄り添えるスタッフが多く在籍し、運動習慣がない人でも安心して始められ、続けていけるサポート体制を整えています。」

▲ スポーツクラブ ルネサンスのスタッフがアプリ「カロママ プラス」を使用して説明している様子

こうした従業員自らの健康づくりを支援する他に、法人向けの健康づくり支援では、従業員の健康リテラシーを高め、健康づくりの実践のきっかけを作り、日々の生活での健康づくりを支援して継続する、という一連のサービスを提供しています。例えば、セルフケアによる健康管理を実現させたい企業に対しては、食事を含む日々の健康状態を可視化できるアプリ「カロママ プラス」を提供し、セルフケアを浸透させる環境づくりを手助けしてきました。アプリに入力されたデータは、利用者本人の健康づくりだけでなく、従業員の食事内容・歩数・運動状況などの生活習慣の動向を把握し、健康経営の施策に役立てることができます。また、メタボ対象者の削減に取り組む企業に対しては、食事・睡眠・運動のセミナーを開催し、受講後はスポーツクラブのパーソナルトレーニングで運動を支援してきました。このように多様なサービスを組み合わせ、具体的な健康行動を体験・実行してもらうことで、各企業の課題を解決していけることが、ルネサンスが健康経営のパートナーとして選ばれ続ける理由です。


企業理念の実現に向けた成長

最近はコロナウイルスの影響で在宅勤務が推奨されるようになり、運動不足による体重増加やメンタル不調の健康課題による問い合わせが増えています。このような現状の中で、健康づくり支援はコロナ禍でも対応できる仕組みを早くから取り入れていました。従来、セミナーや運動実技プログラムはオフラインで行われていましたが、受講形態をオン・オフラインの両方から選択できるようにし、オフラインのプログラムを安全に開催するために感染対策のガイドラインも作成しています。他にも、オンデマンド・YouTube・スポーツクラブ会員向けアプリ「Myルネサンス」でオフィスエクササイズ・ストレッチ・スポーツクラブでのレッスン動画の配信や、自宅でスポーツクラブのレッスンにリアルタイムで参加できるオンラインライブストリームなど、遠隔でできるサービスの幅を広げており、社会の情勢やニーズの変化に適応するサービスを発展させています。

「プログラムの終了後には毎回アンケートを行っており、“短時間のカウンセリングでも健康意識が変化した” “良い点を褒めてくれるのでやる気に繋がった” などのお声をいただくと嬉しい気持ちになります。」


InBodyを活用した新たな仕組み作りを今後の課題の一つに挙げています。
「以前グループインタビューを実施した際、InBodyは利用者から好評をいただいていることがわかりました。体の中身の可視化は見たくない現実ではありますが、やはり健康管理の動機づけに役立つ万能なツールだと感じました。健康づくり支援においてInBodyは従業員の健康改善に寄与しており、測定者自身のモチベーション向上に繋がっています。今後はそれに加えて、測定をしていない従業員も巻き込んで全体のモチベーションに働きかけるような仕組み作りを検討しています。」

「現在、ルネサンスはスポーツクラブの運営を核としている会社ですが、様々な事業の取り組みを通して社会課題を解決する “スポーツと健康のソリューションカンパニー” を目指しています。今後も企業理念の実現に向けて、より多くの人たちが健康で幸せな人生を送っていただけるようお手伝いを続けていきたいと考えています。」